公開日:|最終更新日時:

高浜で理想を形にした注文住宅の施工事例

家づくりは一生に一度の大イベント。せっかく家を建てるなら、理想をとことん形にしていきたいものです。

住まいに必要となる機能や設計は、家庭や生活スタイルによって様々。ここでは、高浜で注文住宅を建てる際、要望の多い機能や設計・デザインをメインに紹介します。

ZEH対応の家

ZEH対応の家とは、気密性や断熱性の高い設備で省エネ性を高めるのと同時に、太陽光発電など自然の力を利用した設備で創エネも実現し、エネルギーの消費量をゼロ以下にできる住まいを指します。また、電気やガスの使用状況を把握できるHEMSという機器の導入も必須です。

人にも環境にも優しいZEH対応の家造りは、建てる際に国による補助や支援を受けることができます。

省エネ住宅

省エネ住宅とは、エネルギーの消費を抑えた住まいです。日常生活の中で使用する頻度の高い給湯や家電製品、冷暖房の消費エネルギーを減らす家造りといえます。

そのために、気密性の高いサッシやドアを採用する、躯体の外側に高性能の断熱材を入れるなどで冷暖房の効率を高めているのが特徴です。合わせて太陽光発電などの創エネシステムを導入した住まいも、省エネ住宅に含まれます。

耐震住宅

地震の多い日本において、家族を守る安心・安全な家は欠かせません。耐震住宅は、地震や台風による揺れに耐える住まいを指します。筋交いを入れた耐震壁で躯体を頑丈に造り、2×4工法のように揺れを面で吸収・分散できる構造です。

1棟1棟構造計算を実施して耐震実験を行うなど、耐震性の高い住まいの提供に力を入れているハウスメーカーや工務店も増えつつあります。

高気密・高断熱の家

高気密・高断熱の家は、天井や窓枠の隙間をできるだけ減らして高い気密性と、断熱材や複層ガラスなどによる高い断熱性を併せ持つ住まいです。気密性と断熱性に優れた住まいは外気の影響を受けにくいため冷暖房の効率が上がり、少ないエネルギーで住まい全体を一定の温度に保てます。

ヒートショックの防止に繋がるだけでなく、結露が発生しにくい構造なのでカビや建物の劣化も防ぐことが可能です。

平屋の家

人気の高い平屋の家は、共有スペースとプライベートスペースをワンフロアに収めた造りが魅力です。上層が無いので階段を設ける必要がなく、子どもからお年寄りまで安心して暮らせます。

また、和風モダンから南欧風まで、様々な外観スタイルを楽しめます。土地の広さは必要になるものの間取りやデザインの自由度も高く、家族とのコミュニケーションが生まれやすいのも嬉しいポイントです。

二世帯住宅

一口に二世帯住宅と言っても、完全共同型・部分共有型・完全分離型といった3つのタイプが存在します。完全共同型には生活費や工事費が安く家族を身近に感じられるというメリットがある反面、お互いに気を使って生活しなければならないというデメリットがあるでしょう。逆に、完全分離型はプライベートをキープできる反面、生活費や工事費がかかります。そのため、お互いに程よい距離感を保てるという理由から、部分共有型の二世帯住宅が最も人気が高いです。

とはいえ、家庭によって希望する生活スタイルは異なるので、要望を実現できるタイプを選ぶのが重要となります。