公開日: |最終更新日時:

注文住宅の断熱性能

断熱性能は人が快適に過ごすために必要な住宅性能のひとつです。こちらでは断熱性能を高めてくれる断熱材の種類や断熱工法について紹介します。高浜で注文住宅の施工を検討されている方は、ぜひ参考にしてください。

注文住宅に断熱性能が必要な理由

夏の暑さや冬の寒さのなかでも快適に過ごせる住まいを建てるには、断熱性能が高い住まいを建てる必要があります。しかし、住宅の断熱性能を高めるためには、断熱材の種類や断熱工法など、さまざまなことを考えなければなりません。そのため、どうするのが良いのか分からないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

注文住宅の施工時には、知識を持った職人が家づくりを行ってくれるため心配はいらないかもしれませんが、断熱性能を重視した住まいを建てたいと希望されるのであれば、ある程度の知識が必要になります

断熱性能を高めるためにはどのような工夫が必要なのかを知り、快適に過ごせる空間を手に入れるだけでなく、光熱費を削減できる住まいを手に入れられるようにしましょう。

断熱工法の種類と特徴

断熱工法には内断熱と外断熱の2種類があります。内断熱は多くの住宅会社が取り入れている工法で、価格が安いということが特徴です。一方で外断熱は施工の手間がかり価格も内断熱と比べて高く、施工に慣れた住宅会社でないと施工が難しいケースもあります。

費用だけで比較すると、内断熱の方が安いのですが、機能性で比較すると外断熱の方が優れているといえるでしょう。内断熱は室内の気密と通気が上手くいっていないと、結露が発生してしまうのに対して、外断熱は住宅の基礎部分や柱・梁、床板や屋根板の結露を防ぐことができます。また、断熱を住まいの外側で行っているため、内断熱のように断熱材がかさばって居住空間が狭くなるというデメリットがないことも特徴です。

そのほか、光熱費の削減でいうと内断熱の方が優れる場合があります。外断熱を取り入れた住まいだと、壁の内側や小屋裏まで温めたり冷やしたりしなければなりませんが、内断熱の場合だと住まいの内側に断熱材を使用して断熱を行っているため、ある程度の広さなら適温にしやすいといえます。

このように断熱工法の違いによって、それぞれのメリット・デメリットがあり、どちらかが良いとは一概にいえません。そのため、どのような住まいを建てたいのか、何を重視したいのかを明確にして、理想に近い住まいを建てることが重要だといえるでしょう。

断熱材の役割りと選び方のポイント

断熱材の役割りは、住まいの内側と外側の移動熱を抑えることにあります。断熱材を使用しているからといって、完全に熱の流動をなくすことはできませんが、室内の温度を外に逃がさない役割りを果たすとともに、外気温に左右されない空間を作り上げてくれる重要なものです。特に、断熱材は住宅の完成後に見ることができないため、種類も目的に合わせて選んだ方が良いでしょう。

また、断熱材を選ぶときは「防火性・耐火性に優れているか」「万が一燃えてしまったときに有毒なガスが発生しないか」「気密性に優れているか」などをチェックして選ぶようにしてください。このうち、気密性については断熱材の性能自体はもちろんのこと、施工した際に隙間なく断熱材が貼られているかが重要なポイントになります。そのほか、断熱材を価格だけで選んでしまうと、耐久性に欠け、光熱費が想定よりも削減できないという事態にも。住宅の断熱性能について、どこに建てるかや、どの程度断熱性能に重きをおくかから考え、適切な判断ができるようにしておきましょう。

断熱材の種類と特徴

グラスウール

グラスウールはリサイクルガラスを原料としています。グラスウールは優れた断熱性能、吸音性、耐久性を発揮し、繰り返し利用可能なのが特徴です。グラスウールの良さを最大限に活かすためには、結露を防ぐ施工が必要不可欠です。

ロックウール

ロックウールは玄武岩、そのほか天然岩石などの鉱物を高温加工し生成される人造繊維です。用途や使用場所に合わせてマット状、フェルト状、ブランケット状、ボード状、ベルト状、パイプ状など様々な形状に変化可能な特徴があります。耐熱性、撥水性、耐久性、防音性にも優れていて、広範囲に使用される断熱材です。

ビーズ法ポリスチレンフォーム

ビーズ法ポリスチレンフォームは原料であるポリスチレン樹脂に発泡剤と難燃剤を加え、ビーズ状にしたものを蒸気で発泡させた断熱材です。金型形状を変えることで様々な形状の製品をつくることができ、耐水性、耐久性があり、価格が安い特徴があります。

押出法ポリスチレンフォーム

押出法ポリスチレンフォームは、ポリスチレン樹脂に難燃剤と発泡剤を加えて押出成形した断熱材です。耐久性、断熱効果が高く、ボード上にして住宅の基礎工事に多く使われる特徴があります。

硬質ウレタンフォーム

硬質ウレタンフォームはポリイソシアネート・ポリオールが主原料の断熱材です。コンクリートや金属などに直接発砲して、接着性の高い断熱層を作る特徴があります。

高発泡ポリエチレンフォーム

高発泡ポリエチレンフォームは主原料であるポリエチレン樹脂に発泡剤を加え発砲させた断熱材です。柔軟性が高く、壁や床、配管カバーや屋根なのに多く用いられるのが特徴です。

フェノールフォーム

フェノールフォームはフェノール樹脂を発砲させボード状に成形した断熱材です。断熱性が高く、外張り断熱に向いています。燃えない性質があり、劣化しにくいので長期間使用可能という特徴があります。